2018年5月25日金曜日

【事業案内】夏のキャンプ(5,6年生対象)・追加募集中

朝晩はまだまだヒンヤリしますが、日中の暑さは夏が近づいていることを感じさせますね。

わっぱるの夏のキャンプの追加募集情報です。

ジュニアキャンプ(5,6年生対象) 8月4(土)~8月6日(月) で数名の追加募集を行います。(先着順・電話にて受付)

テント泊、野外炊事など、高学年ならではのプログラムを実施予定です。
皆様のお申し込みをお待ちしています。

  

2018年4月29日日曜日

【事業案内】オープンフェスタ受付終了


定員に達したため、5月19日・20日に実施予定の「里山の春オープンフェスタ」の受付を終了いたしました。
たくさんのお申し込み、ありがとうございました。

当日みなさまにお会いできることを楽しみにお待ちしております。

2018年4月22日日曜日

【事業案内】4月25日 9:00~ 里山の春オープンフェスタ 受付開始

今年で12年目を迎える、わっぱるの「オープンフェスタ」。
2018年度は5月19日(土)・20日(日)の両日で実施します。

自然体験ネイチャーツアー、工作、川遊び、野外料理(ピザづくり)など、楽しいプログラムが盛りだくさんです。ぜひ、ご参加ください。

詳しいご案内はこちら
受付は4月25日(水)9:00~ です。


※写真は12年前・2007年のものです。

2018年4月18日水曜日

【わっぱる便り】森の子どもたち

春爛漫です。この時期、わっぱるの森の林床(りんしょう)では新しい命の芽生えが盛んです。特に2月に森の低層を覆っていた常緑樹のヒサカキを伐り、落ち葉かきをしたところでは土に紛れていた多くの種子が芽吹きました。
地面近くをのぞいて森の赤ちゃんたちを見てみましょう。
アカマツです。
ウリカエデです。
コナラです。
タカノツメです。
マルバアオダモです。
ニガイチゴです。
ミツバアケビです。
みんな大きく育ってね。 (スタッフDe)

2018年3月30日金曜日

【わっぱる便り】ヒサカキの不思議

わっぱるの森で最もたくさん生えている樹木といえばこの木、ヒサカキでしょう。今、ヒサカキの花が咲きほこっています。ヒサカキには雄株(おかぶ)と雌株(めかぶ)があり、雄株の木には雄花(おしべだけの花)が咲き、雌株の木には(めしべだけの花)が咲きます。ところが、それ以外におしべもめしべもある両性花(りょうせいか)をつける株もあるといいます。探してみました。
すると、一株一株、けっこう、つける花に個性があることがわかります。
雄花です。花弁の中にはおしべだけがあります。
花弁が鮮やかな紅色をしたものもありました。
雌花です。花弁の中にはめしべだけがあります。
花弁の中央部だけ紅色に染まっているものもありました。
そして、両性花をつけた株も見つかりました。たしかに、花粉をつけたおしべの真ん中にめしべらしきものがちゃんとあります。花弁の形は雄花の壺型をしています。
これは両性花に見えますが、おしべが褐色で花粉を出しているようにはみえません。未発達のおしべということかも知れません。
このように、同じヒサカキでも株によって花の様子は様々です。花のこの時期に一株一株、花を観察するのはこの上なく楽しい観察会になること請け合いです。
花がなければ全く同じヒサカキですが、バラエティに富んだ花々を見るにつけ、遺伝子が実に多様であることが実感できます。(スタッフDe)


2018年3月20日火曜日

【わっぱる便り】春を告げる花や蝶

今日は寒さがぶり返し、季節が逆戻りしたような日ではありますが、きのうまでの数日間はわっぱるの森も春を感じさせる陽気でした。特に、成虫で越冬していたテングチョウが元気に飛び回っていたのが目につきました。
そのほか、キタキチョウも目にしましたが、写真を撮るチャンスは逃してしまいました。
花も咲き始めました。

ヤブツバキ、アセビです。
春はすぐそこです。              (スタッフDe)

2018年3月9日金曜日

【わっぱる便り】ツルグレンって何?

 明日からいよいよサイエンスキャンプ「里山のいきもの調査隊」です。メンバーは小学校3・4年生。わっぱるの色々ないきものたちと出会えるよう、いくつものプログラムを用意しています。
その一つとして、簡易なツルグレンといわれている装置を作ってみました。














森の地面では積もった葉っぱや小枝、虫の死骸などが多くの小さな生き物たちによって分解され植物にとっては大切な栄養を含んだ土がつくられています。どんな生き物が住んでいるのでしょう?
それをちょっと覗いてみるための装置です。












土や腐った葉にも多様な生き物たちの世界がありますね。(スタッフDe)